大唐西域紀

大唐西域記1 玄奘 水谷真成訳 平凡社東洋文庫653 ISBN4-582-80653-8 2,800円 1999年5月 大唐西域記2 玄奘 水谷真成訳 平凡社東洋文庫655 ISBN4-582-80655-4 2,800円 1999年6月 大唐西域記3 玄奘 水谷真成訳 平凡社東洋文庫657 ISBN4-582-80657-0 3,200円 1999年8月

 あの西遊記の原案にもなった、玄奘の大唐西域記。1971年11月に平凡社中国古典文学大系の1冊として出されたものを、3分冊にして東洋文庫に収めたもの。現在でもなかなか大変な行程を、よくもまあ旅をしたものだと、まず感心する。訪れた国々の簡単な描写と、場所によっては残っている仏跡の様子、またその地の仏説話なども書いている。地図も添付されているが、もう少し現在の地名との対照もわかりやすいものだと有り難い。

 どういうルートを通って(とくにヒマラヤ越えはどこ?)、往復したのだろう。

 大唐西域紀は玄宗に出す「公式報告」ということで、西方への進出を図っていた当時の中国(唐)にとっては喉から手が出るほど欲しい情報であり、また軍事機密でもある部分の記述は制限されていた可能性があるという。

 強盗に遭遇したなどという旅の苦労の描写も詳しいという慈恩伝(一部)が講談社学術文庫から出ているので、そのうちの読んでみようと思う。

2007年3月記

慈恩伝
三蔵法師の歩いた道
玄奘三蔵のシルクロード
パキスタン旅行記

2007年4月・5月追記

戻る  home