玄奘三蔵 西域・インド紀行

玄奘三蔵 西域・インド紀行 慧立(えりゅう)/彦悰(げんそう) 長澤和俊訳 講談社学術文庫
ISBN4-06-159334-X 960円 19986月 2005年2月10刷

目次
はじめに
巻の一 生い立ちから西域の高昌に至るまで
巻の二 アグニ国からカニャークジャ国まで
巻の三 アヨードーヤ国からイーリチ国まで
巻の四 チャンバー国からカーマルーパ国王の来請まで
巻の五 にけんの帰国占いから長安の西漕に至るまで
解題・玄奘三蔵の生涯と業績
索引

 三蔵法師の弟子慧立(スキャンダルに巻き込まれて失脚)が玄奘本人から聞いただろう旅の話を書いたもの。盗賊団に襲われて、生け贄にされそうなったがようやく一命をとりとめた話、あるいはせっかくの教典を、これまた盗賊団に襲われて驚いた象が水におぼれ、運んでいた教典を失う話なども出ている。

 2007年春、玄奘も歩いたらしい、チラス、ガンダーラ(ブトカラ、シルカップ)、ペシャワールなど、パキスタン北部を旅行してきた。いまでも結構大変な場所を、当時よく通過できたものだと、改めて感心する。

大唐西域紀
三蔵法師の歩いた道
玄奘三蔵のシルクロード

パキスタン旅行記

2007年4月・5月記

戻る  home