私の意見・異見

 年をとったので、現代社会になかなか適応しづらくなってきました。これまでの人生を振り返ると、いつも時流に乗り損ねてきました。以下、そうした老人の繰り言です。

 生まれたときが悪かった? それとも自分が悪いのか。

6.人類根源の問い「我々は何者か」 ゴーギャン

 元職場の図書館広報誌用に書いたものです(2012年10月)

 

5.理科新科目「天地」の提案

 元職場の紀要に載せたものです(2015年4月)。

 

4.「理科と教育ML」(管理人:山賀 進)における議論
 〜東北地方太平洋沖地震と福島第一原発の事故をめぐって−(2011年3月11日〜2012年3月14日の記録)

 これは「理科と教育ML」(管理人:山賀 進)における、2011.3.11以後約1年間の地震と原発事故をめぐる議論をまとめたものです。山賀以外の投稿者名はイニシャルにしてあります。

 なお、原発事故については東工大牧野淳一郎氏のサイト、放射線についてはスウェーデン国立宇宙空間研究所山内正敏氏のサイトも参照してください。

 

3.度量衡のグローバルスタンダード・SI単位系

 ※ この文は元職場の図書館が1年に1回発行している「図書館だより」の第46号(2004年1月28日)に載せたものを、少し編集したものです。

 

2.理科(地学)は何を目指し、教育危機にいかに対応すべきか

 これは『科学(2000年10月号)』(岩波書店、再録は『理科・数学教育の危機と再生』(左巻健男・苅谷剛彦編、2001年7月、ISBN1-00-025552-5))に載せたものを、岩波書店のご厚意で、私のホームページに転載したものです。

岩波書店
雑誌『科学』編集部

株式会社 岩波書店
〒101-8002 東京都千代田区一ツ橋2丁目5番
TEL 03-5210-4000(番号案内)

 

1.文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール構想批判

 これは、星の環会が出版している『理科教室』(2002年10月号)に載せた私の文を、星の環会(理科教室)のご厚意で私のホームページに転載することにしました。星の環会(『理科教室』)の連絡先は以下の通りです。

 『理科教室』JOURNAL OF SCIENTIFIC EDUCATION
  〒162-0056 東京都新宿区若松町33-6 菱和パレス2F  星の環会
                             TEL03-5292-0481/FAX03-5292-0482
                             e-mail:hosinowa@pp.iij4u.or.jp

  戻る  home